フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオ 朝の散歩コース①ロウリムイオック公園 | トップページ | 淑女のマカオ~エステでお肌を磨こう! »

2007年7月 8日 (日)

マカオ 朝の散歩コース②カモンエス公園

Photo_313

先日ご紹介したロウリムイオック公園が中華庭園ならば、こちらは欧風庭園でしょうか。カモンエス公園(白鴿巣花園)は、緑豊かな、南国情緒あふれる公園です。

16世紀のポルトガルの詩人、ルイス・デ・カモンエスの名を冠したこの公園。いたるところに緑や階段もあって、ジョギングコースとしても人気があります。

公園の中央にある見晴台に昇ると見えるのは、高層マンション群。ここは、都会の中のオアシスなのです。

Photo_314 Photo_315

カモンエス公園に隣接するのは、東方基金会。18世紀に、イギリス東インド会社が建築したもので、手入れの行き届いたイギリス庭園を見ることができます。

Photo_316

ある日、公園の散歩を終えて外に出てみると、ちょうど通学途中の子供達が、次々とバスから降りてきたところでした。ふつうのマカオの朝の風景、観光地にはない、素朴な魅力があります。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオ 朝の散歩コース①ロウリムイオック公園 | トップページ | 淑女のマカオ~エステでお肌を磨こう! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マカオ 朝の散歩コース①ロウリムイオック公園 | トップページ | 淑女のマカオ~エステでお肌を磨こう! »