フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« コロアン島のスモールホテル~ポウサダ・デ・コロアン(竹灣酒店) | トップページ | タイパ香港直行便~コタイ・ジェットフェリー(金光飛航)に乗りマカオを思う。 »

2008年3月 8日 (土)

ヴェネチアン グランド・キャナルでショッピング

昨年オープンしたヴェネチアン・マカオの「グランド・キャナル」。
水路がはりめぐらされた館内に、350軒のブランドショップが入る(一部はまだ工事中)超大型ショッピングモールです。
オープン以来、マカオに行く機会はあっても、人ごみは面倒だし、、、、と、ここを訪れるのは尻込みしていました。
ですが、「HEMEIも一度は見なくちゃだめよ!面白いわよ~」というローカルの朋友に引きずられるようにして、別世界を初体験(笑)。

*    *    *    *    *
Photo

地下駐車場の広さに唖然としながら、10歳も年下の朋友に「迷子にならないでよ!」と手をつながれ館内へ。
フレスコ画が描かれたゴージャスなエントランスをくぐると、カジノエリア。
その広さは噂に違わず、向こう側の壁が見えません。
東京ドームより広いというカジノフロアを眼下にエレベーターを登ると、ショッピングゾーン。

**

Photo_2 Photo_3

ベネチアを模したという館内には水路が張り巡らされ、ゴンドラが行き交います。
広場では大道芸のパフォーマンスもあって、買い物をしなくても楽しめるかも。
ショップは、外資系も多く入りますが、「G2000」「giordano」などの香港ブランドも入っています。
もちろん、DFSもあります。免税タウンのマカオ、わざわざDFSで買い求めなくても、とは思いますが、広々としていてお買い物はしやすいかもしれません。

ショーウインドウにあった「G2000」のスーツがぱっと見気に入り、購入。
(ここのブランドは、シンプルながら細身でなかなかかっこいいのです。そしてとてもリーズナブル)。
オープンしているエリアを全てみて回り、ヘトヘトになったところで、スターバックスで休憩。

館内には、インフォメーションカウンターもあります。
ここでお店の場所を尋ねたのですが、なぜかローカル朋友は、インフォメーション小姐と北京語で会話。
広東語がメインのマカオでなぜ北京語??
「大陸からのお客さんが多いから、ここで働くには北京語は必須でしょうね。今の小姐も大陸の人だったわ」とローカル朋友。
マカオを白熱させる大きなガソリンの一つに、チャイニーズパワーがあるようです。。

**

Photo_4 Photo_5

そんな豪華でエネルギッシュなヴェネチアンの建つ場所は、数年前までは何もない更地でした。
左は、数年前に、タイパ島から見た埋め立て地。「こんなところにビルが建つんだ」と、当時はのんきに眺めていました。
右は、今現在のヴェネチアン。
タイパ島とコロアン島の間を埋め立てたコタイ地区には、アジア最大のエンターテイメント・シティが計画中。
着々と、高級ホテルやカジノが建築中です。
その先陣を切ってオープンしたのがヴェネチアン。
ヴェネチアンは、新しいマカオのシンボル的存在といってもいいでしょう。

*    *    *    *    *

コタイ地区には、これからどんどんホテルがオープン予定です。
マカオは大好きですが、なかなか最新情報に疎い私。
ご旅行などで最新情報をお求めの方には、こちらのサイトがとても役に立ちます。

マカオナビ

マカオ最新情報by Green Holiday

どちらも、マカオが話題になる前から、マカオ情報をサイト上で提供していました。
最新情報も豊富で、何より、マカオに愛情を感じるサイトです。
サイトやメディアでマカオに触れ、実際にマカオを歩き、
ひとりでも多くの方に、マカオを好きになってもらえると嬉しいな。そう思います。

« コロアン島のスモールホテル~ポウサダ・デ・コロアン(竹灣酒店) | トップページ | タイパ香港直行便~コタイ・ジェットフェリー(金光飛航)に乗りマカオを思う。 »