フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオでおでん?! | トップページ | マカオが金融小説の舞台に。 »

2008年4月 8日 (火)

中国ロケを終えて。

8日間の中国ロケが終わりました。
今朝、重慶を発ち、ただいま広州国際空港にてトランジット中です。

今回のテーマは、新しくなった三峡クルーズ。
武漢から長江をのぼり、重慶まで。
5泊6日をクルーズ船で過ごしながら、途中、岳陽や豊都などに立ち寄りました。

Photo_8

「にーはお!!」
岳陽の小学校風景。
子どもたちの元気なこと。

Photo_20

夫婦共稼ぎが一般的な中国の都市部では、お孫さんを連れているおばあちゃんやおじいちゃんを、よく見かけます。
辛いものをふんだんに食べる食生活や湿度がある土地柄、美人が多いという重慶。
おばあちゃまも、笑顔がとてもキュートでした。

*    *    *    *     *    *     *

三峡ダム建設によって生まれた新しい生活と、水没した生活。
霧の中、長江沿いにかわるがわる現れる壮大な山々と、ビルが建ち並ぶ街並みを眺めながら、初めて中国を訪れた96年のことを思い出す旅となりました。

さて、気温31度の広州から東京へ向けて出発します。
もう桜は散ってしまったでしょうか……。

« マカオでおでん?! | トップページ | マカオが金融小説の舞台に。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。