フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« インターFM「マスターカード・プレゼンツ“パスポートtoプライスレス”」にゲスト出演しました | トップページ | 雑誌「BRUTUS」にインタビュー記事が掲載されました。 »

2008年6月30日 (月)

2003年のマカオを回想する

ここ数年の、マカオの開発ラッシュと変貌ぶりには驚かされるばかり。
世界遺産の建物もすっかりお色直しをして、美しく生まれ変わりました。

数年前、ローカルの朋友のマンションの屋上に上ったときに見た光景です。

Photo_2 Photo_3

左:世界遺産の「ドンペドロ劇場」も「聖オーガスティン教会」も、修復中。
  この後、美しいコロニアルカラーの壁がよみがえりました。

右:メトロポールホテルが左に見えます。
  今なら、ビルの向こうには、そびえ立つ「グランドリスボア」が姿をのぞかせるのでしょう。

*   *

もう少し遠くに目をやると・・・

Photo_4 Photo_5

左:古いビルの向こうに、建設3年目のマカオタワー。
  新旧のコントラストがおもしろく、カメラマンさんも、思わずシャッターをきっていました。

右:「聖ヨセフ修道院・聖堂」のドーム型天井の向こうには、中国大陸が広がっています。
   あれから、ずいぶんと中国大陸からの観光客も増えました。

だんだんと姿を変えるマカオ。
7月にはアジア最大のDFSも完成します。
ヤオハンに行かなくても、コスメは買えます(笑)。

話題の多い街であっても、あのノスタルジックな光景は失われないといいなあ。
そう思うのは、私だけではないでしょう。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« インターFM「マスターカード・プレゼンツ“パスポートtoプライスレス”」にゲスト出演しました | トップページ | 雑誌「BRUTUS」にインタビュー記事が掲載されました。 »