フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオが再び小説の舞台に | トップページ | マカオの夜に聴きたい音楽 »

2008年8月 2日 (土)

ポルトガル料理の食前酒に

ふたたび、マカオのお酒のお話です。

002

小さなこの小瓶。
柔らかくて甘~い香りの、ポルトガルの食前酒です。

アルコール度数は17度。
常温で飲みますが、ロックでもなかなか(と、私は思いますが邪道でしょうか)。

タイパ島にあるレストラン「ANTONIO」のオーナーシェフ、ANOTONIOさんにいただいて以来、気に入ってマカオに行くたびに購入しています。
小さいので、お酒が好きな友人たちへのプチ土産にすることも。
スーパーマーケット「Pavilions(百利来)」で、一瓶10パタカほどで売っています。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオが再び小説の舞台に | トップページ | マカオの夜に聴きたい音楽 »