フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 三越友の会会報誌にエッセイを掲載しました。 | トップページ | 中華スイーツで温まる。 »

2008年9月 9日 (火)

マカオが映画の舞台に~エグザイル/絆

この冬、日本で公開の映画『エグザイル/絆』の試写会に行ってまいりました。

Panhu2

5人の男たちが繰り広げるドラマの舞台は、中国返還間近のマカオ。
アンソニー・ウォン、フランシス・ンなど、香港ノワール系では知られる名優が出演しています。

映画の冒頭は、リラウ広場で5人が再会するシーンから始まります。
ホテルの外観として使われているのは、聖ラザロ地区の青年少年活動中心。
コロアン島、ビル1つないコタイ地区……などなど、マカオがふんだんに登場します。
設定は1999年なので今から9年前。
観ていて、なんだか懐かしい気持ちになりました。

余談ですが、後半に登場するマカオ軍警察の軍曹、本物のマカオのポリスマンそっくりで、とてもダンディー。
マカオでは、ポリスマンの制服や佇まいが素敵だなあ、、といつも思います。

Panhu1_3

オフィシャルパンフレットでは、マカオについてのインフォメーションも解説されていて、
拙著『マカオノスタルジック紀行』も、役立てていただいたとのこと。
公開は2008年12月、とても楽しみです。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved 

 

« 三越友の会会報誌にエッセイを掲載しました。 | トップページ | 中華スイーツで温まる。 »