フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 新しいマカオで、ノスタルジックな光景に出会う。 | トップページ | マカオで長崎に出会う。 »

2009年3月16日 (月)

エッセイコミックin澳門

マカオから戻りました。
今回の取材は、エッセイコミックという、いつもと違った試み。
漫画家の花津ハナヨさんと、一緒にマカオを旅しました。

マカオは初めてのハナヨ先生。
当初は私の旺盛な食欲に、「芹澤さん、何かイケナイ薬でもやっているのでは・・」と美しいお姿にそぐわぬ過激な発言を真顔でされていましたが、めくるめくマカオグルメの渦に巻き込まれた様子。
ともにおいしい料理をたっぷりと満喫しました。

Photo Photo_2

「ここ素敵ね~」と、タイパ島の路地裏に吸い込まれるハナヨさん。
ノスタルジックな家並みの向こうに金ピカのカジノが見えるのは、現代マカオらしいワンシーン。
タイパ島では、ポルトガルレストラン「アントニオ」で本格ポルトガル料理を満喫しました。
ここのオリーブのガーリック漬けは、微発泡の白ワインにぴったり。
「おいしい!」を連発してもりもりと食べていたら、、オーナーのアントニオさんが、山のようにガーリックオリーブを分けてくださ
いました。
オブリガータ!ANTONIOさん。

さて、今回のテーマは決して食い倒れではなく、「マカオで女磨き」。
思えば、取材はいつも男性カメラマンの方々とご一緒していたので、女性2人でマカオを歩いたのは、これが初めてのこと。
楽しくて、あっという間の1週間でした。時間が足りないぐらい。
そして、「女性が楽しめるマカオ」を再発見した旅でした。

発売は9月です。
どうぞお楽しみに。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved 

« 新しいマカオで、ノスタルジックな光景に出会う。 | トップページ | マカオで長崎に出会う。 »