フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 「たびんご!マカオ」でマカオの過ごし方を紹介しました。 | トップページ | リスボアのXO醤に箸が止まらない »

2009年4月14日 (火)

昔ながらの飲茶で幸福ランチ

美食にあふれるマカオ、ローカルに人気のお店に入れば、リーズナブルで美味しい料理を楽しむことができます。
今では数少なくなったワゴンサービスの飲茶スタイルも、ローカルには根強い人気。

Photo Photo_2

昔ながらの飲茶店では、できたてホヤホヤの點心(ディムサム)を載せたワゴンが、店内をめぐります。
食べたいものを、テーブルに置けば、おばさんがお会計シートにチェックしてくれます。

Photo_3 Photo_4

鶏の手、私の大好物です。
箸にとってモグモグしていると、なんだか鶏と握手しているような不思議な感覚にもなるのですが、プリップリの、プリップリの食感がいかにもコラーゲンたっぷりという感じで、見た目なんか気になりません。

以前ローカル朋友に連れて行ってもらったお店の名物は、「蜜汁叉焼」と「明爐焼鴨」。
お肉もらかくて、甘みがふわ~っと口に広がって、旨い!旨い!と食べていたら、危うく飛行機を乗り遅れそうになったことがあります。

時間も忘れてしまうようなローカル飲茶。
何より、家族連れが楽しそうに食事しているのを見ると、さらに美味しさが増すのです。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved 

« 「たびんご!マカオ」でマカオの過ごし方を紹介しました。 | トップページ | リスボアのXO醤に箸が止まらない »