フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオ旅のお土産に・4 | トップページ | 香港国際空港から直行便フェリーでマカオへ »

2009年6月 7日 (日)

シティオブドリームス(新濠天地)がいよいよオープン

6月1日にオープンした巨大エンターテイメント施設「シティオブドリームス(新濠天地)」。
ビルが縦に伸びるたびに、「だんだんでき上がっていくなあ」と思って眺めていましたが、ついにグランドオープン。
オープン前夜、敷地内のホテルの1つ、ハードロックホテルに泊まる機会に恵まれました。

*  *  *

Photo_2 Photo_3

ハードロックホテルは、ハードロックカフェが手がけるホテル。
廊下のいたるところに「スター」の写真が。
他のフロアでエディ・ヴァン・ヘイレンのシャツが展示されているのを見たときは、「部屋の中、うるさくないかな……」とちょっと心配になったのですが、内観はいたってクール。
(マカオのホテルの部屋って、たいていどこも、外観やエントランスほどぶっとんでないような気がします)。

*  *  *

Photo_4 Photo_5

アメニティーには、施設内にあるスパのロゴが。
窓の外には、敷地内に今年の夏オープン予定のハイアットが見えます。

*  *  *

Photo_6 Photo_7

こちらはコーナースイート。
広さ54㎡、岩のように熟睡できるベッド、「Sleep Like A Rock」が鎮座。
窓の外にはコタイ地区がばーん!
白いグランドピアノが置かれた部屋もあります。

*  *  *

Photo_8 Photo_9

こちらはスパ「Rock Spa」。
屋外温水プールの脇でもトリートメントを受けることができます。

Photo_10 Photo_11

「シティ・オブ・ドリームス」の計画と開発を行ったのは、メルコ・クラウン・エンターテイメント。
共同会長兼最高経営責任者のローレンス・ホー氏が、オープニングに際して、日本のメディアにも時間を割いてくださいました。
経済誌の記者でもない私が、まさかこのような大物と間近でお会いできると思っていなかったので、非常にびっくり。
握手を求められ、あまりの驚きに手が出ませんでした(もったいない・・・)。
ローレンス・ホー氏のお父様は、マカオで一番有名なあのお方、スタンレー・ホー氏です。
スイートルームに置かれているマカオビジネス誌の表紙は、お父様が飾っていらっしゃいました。

*  *  *

Photo_12 Photo_13

華やかなオープニングイベントを眺めながら思い浮かべたのは、まだ何もない埋立地だったころのコタイ地区。
ムツゴロウをとっていたおじさん、どうしてるかなあ・・・。

*  *  *

さて、簡単に「シティ・オブ・ドリームス」をご紹介しましたが、最新情報の掲載を目的としないこのブログでは、まだまだ情報不足。
最新情報を探すなら、下記のサイトがとても役立つと思います。
どちらも、ずっと以前からマカオ情報をとりあげている、そしてなんといっても、マカオに愛情のあるサイトです。
【マカオナビ】
【マカオ最新情報Green Holiday】

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオ旅のお土産に・4 | トップページ | 香港国際空港から直行便フェリーでマカオへ »