フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオの結婚式~前夜祭 | トップページ | 「女性自身」にコメントを寄せました。 »

2010年2月 1日 (月)

マカオの結婚式~当日の朝

Photo

いよいよ結婚式当日。
前夜に続いてスペシャルセレモニーがあるということで、この日の朝、ふたたび新婦の家へ。

Photo_2 Photo_3

訪れたとき、新婦はメイクの真っ最中。
プロのメイクさんが、もくもくと仕事をこなしていました。
仕上がりはデジカメで撮影して、念入りにチェック。

Photo_4 258

ウエディングをサポートするのは、メイクさんだけではありません。
スチールカメラマンに、ムービーカメラマン。
彼らはこの日一日中、カメラを手放すことはありませんでした。
一方で、新婦のママも慌しく準備中。
これから、新郎が「プロポーズをしに」やってくるのだそうです。

Photo_5 Photo_6

ピンポーン♪
チャイムの音とともに現われたのは、新郎アントニオ君と、そのお友達(全員男性)。
ドアの前で待ち構えているのは、新婦オリビアちゃんの親戚とお友達(全員女性)。
この後、扉をはさんで始まったのがプロポーズ合戦。

(広東語分かりませんので、以下、想像)

チーム新郎「新婦オリビアを僕にください!」
チーム新婦「そう簡単に嫁にやるわけにはいかないよ」
新郎「必ず幸せにします!誓います!!」
チーム新郎「こいつ、本当にいいやつですから、新婦は幸せになれますよ!俺たちが保証します!」
チーム新婦「本当にー?」やんややんや・・・。

というようなことを、新郎組と新婦組で延々と即興でやりあいます。
「新婦を幸せにしてあげられるかどうか」ということを、新郎は新婦のお友達軍団に試されるわけです。
それをサポートする、新郎のお友達軍団。
朋友の絆が深い中国の儀式だけあります。

私は広東語はまったく分からないので、ただ見ているだけでしたが、さきほどまでおとなしかった親戚のオバサンが、迫
真の演技をしているのが微笑ましかった(笑)。

やっとドアを開けてもらったアントニオ君。
まだまだイベントは続きます・・・・。

・・・続く。

Copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオの結婚式~前夜祭 | トップページ | 「女性自身」にコメントを寄せました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マカオの結婚式~前夜祭 | トップページ | 「女性自身」にコメントを寄せました。 »