フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオプチ贅沢オリジナルツアー | トップページ | マカオに泊まる~マンダリン・オリエンタル »

2011年1月18日 (火)

新年快楽。

遅ればせながら、新年快楽。

今年初の更新です。

ただいま、公式ウエブサイトのリニューアルと、デイリーブログ(マカオ以外の旅日記を綴るブログ)のオープンに向けて、着々と準備中です。

目標は旧正月!!

もちろん、このブログでも、“伝えたいマカオ”を綴っていきたいと思います。

今年はよりポジティブに更新する予定です。

***

昨年末はクリスマスから、マカオと香港の島へと旅する機会に恵まれました。

25日を過ぎても、マカオはクリスマスモード。

ローカルの朋友は、「マカオのクリスマスは1月6日までだから!」と、教えてくれました。

年が明けてもクリスマスって、その自由な発想がマカオらしい。

Photo_34

聖ポール天主堂跡の前は、こんなふうになってました。

天主堂のファザードをバックにファンシーなパンダが浮かび上がる夜景って、一見とてもシュールですが、大陸からマカオにパンダがやってきた(コロアン島に高級パンダ舎建設中)のを記念してのことなのでしょう。

2_3 Photo_36

滞在中は、マカオから中国・珠海市に越境して、市場をぶらついたり、大陸的ファーストフード「真功夫」で食事したり、マカオの北側にあるローカルエリアで火鍋を食べたり、大好物の鳩の丸焼きをつついたり、、、、などして、過ごしました。

帰りのスーツケースは、いつものごとく食品類でいっぱい。

Photo_42 Photo_43

Photo_46 Photo_47

Photo_2 Photo

でも、一番のお土産は、朋友のアントニオ君が描いてくれたこの絵です。

一枚は私の大好きなマカオブリッジ、一枚は私と友人が描かれています。

Antonio_pic Antonio_pic2

キャンパスの隅には、アントニオ画伯のサイン(カタカナ)と、「日本の友人にプレゼントを送信する」(原文ママ)という、一生懸命に書いたであろう日本語のメッセージが。

アントニオ君、クリスマス休暇返上で、他にも日本の友人に向けて何枚も絵を描いてくれたのだそうです。

マカオはさらに高層ビルが増えて一段と発展していましたが、こんなマカオ人の温かさは、変わらないままです。

copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオプチ贅沢オリジナルツアー | トップページ | マカオに泊まる~マンダリン・オリエンタル »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/38523429

この記事へのトラックバック一覧です: 新年快楽。:

« マカオプチ贅沢オリジナルツアー | トップページ | マカオに泊まる~マンダリン・オリエンタル »