フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« マカオ・タイパ島を旅する | トップページ | マカオ・タイパ島を旅する~3 »

2011年12月16日 (金)

マカオ・タイパ島を旅する~2

おいしいもののパラダイス、マカオの中でも、タイパ島は多くのレストランが点
在するエリア。
一部は観光地でもあるので、旅行者でも入りやすいお店が多いのも特徴です。

Photo_6

旧市街にある「官也街」は、通称フードストリートとも呼ばれる場所。
150メートルほどの通りの脇には、レストランや土産物店がずららーっと並んで
います。
雰囲気こそ観光地風ですが、ちゃんと美味しいものが食べられるので、私もマカ
オ滞在中、一度は足を運びます。





Photo_2 Photo_3

「公鶏」はずっと前からある、マカオ料理店。
雄鶏のマークが目印。カラフルな内装で、雰囲気も楽しませてくれます。
観光客も多いのですが、ローカルにも人気で、いつも混んでいます。



Photo_4 Photo_5

メニューは、大きな写真つきで英語表記もあるので、分りやすく選びやすい。
私はここの「バカリャウ・ア・ブラス」(干し鱈とポテトを卵とじ炒め)が好き。
ポルトガルの家庭料理で、お米にも、ビールにも、微発泡のポルトガル白ワインにも合います。
「公鶏」はカレー味の料理もいくつかあります。
煮込みは、野菜がゴロゴロ入っていて、お肉も大きくて、ちょっと懐かしい味。

タイパ食のパラダイス。まだまだ美味しいものがたくさんあります。

・・・続く。

copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« マカオ・タイパ島を旅する | トップページ | マカオ・タイパ島を旅する~3 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/43400132

この記事へのトラックバック一覧です: マカオ・タイパ島を旅する~2:

« マカオ・タイパ島を旅する | トップページ | マカオ・タイパ島を旅する~3 »