フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 沖縄の八角堂、マカオの八角亭 | トップページ | 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ »

2012年2月22日 (水)

マカオでバカリャウ三昧!

自宅の近くのポルトガル料理店にふらりと出かけてきました。
最近は、都内でものポルトガル料理店をよく見かけます。
我が家の近所にも、下町ながらカタプラーナ鍋(ポルトガル海鮮鍋)のおいしいお店があって、深夜まで賑わっています。

日本で食べるポルトガル料理、マカオで食べるポルトガル料理、ポルトガルで食べるポルトガル料理・・・・食べ比べて思うのは、どれもその国の食文化がミックスされていておいしいということ。
やっぱり、同じメニューでもちょっとずつ違いがあります。

たとえば、「バカリャウ・デ・パスティス」。
前菜感覚で食べられる、干し鱈入りのコロッケです。


Photo

本場ポルトガルのバカリャウ・デ・パスティス。
リスボンのレストランで食べたものです。
バカリャウのコロッケと牛肉のコロッケと交互にお皿に並んでいました。
こうして並べると、テーブルコーディネイトとして、素敵です。



Photo_2

マカオのレストラン「フローラ・ベラ」のバカリャウ・デ・パスティス。
コロンとした中にバカリャウがパッツンパッツンに入った贅沢なコロッケです。
ここは、マダムの作る家庭料理がとてもおいしい。
繁華街から少し離れたエリア(観音堂とかモンハの近く)にあります。
このあたりは、ローカル御用達のグルメ集中スポットでもあります。リーズナブルでおいしいものが、たーくさんあります。



Photo_3

マカオのレストラン「エスパソ・リスボア」のバカリャウ・デ・パスティス。
コロアン島にある有名店です。
こんがり揚がっていて、赤ワインにもポルトガルビールにも合います。
コロッケは、日本で言うとおやつ感覚ですが、ポルトガルではおつまみ、のようなもの。



Photo_4

下町のバカリャウ・デ・パスティス。
日本はジャガイモのコロッケ感覚があるからでしょうか。
おじゃがの風味が強くバカリャウは少なめですが、日本で食べらるのもうれしい。
おともには、当然、ポルトガルのビール「SUPER BOCK」。


マカオでポルトガルレストランに行けば、必ずあるバカリャウ・デ・パスティス。
お店によっても微妙にお味が違っているので、食べ比べも面白いかもしれません。

copyright (C) 2006 Kazumi Serizawa. All Rights Reserved

« 沖縄の八角堂、マカオの八角亭 | トップページ | 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/44219249

この記事へのトラックバック一覧です: マカオでバカリャウ三昧!:

« 沖縄の八角堂、マカオの八角亭 | トップページ | 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ »