フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ | トップページ | マカオから中国へと越境その2~関閘→拱北 »

2012年4月 7日 (土)

マカオから中国へと越境~蓮花大橋→横琴島

マカオから帰国して、国内の取材が続いてます。
今日は旭川。
旭川入りした日は、現地が悪天候で着陸できず一旦東京に引き返し、成田→陸路で羽田→新千歳→陸路で旭川と徐々に北上。
いつもだったら東京から1時間ちょっとのフライトですが、16時間かけて到着しました。
今回は到着の喜びもひとしお!移動も楽しまなくっちゃね。


***
先月のマカオ取材では、隣接する中国・横琴島へと越境。
ここはずーっと前から行きたいと思っていたところで、行ってみたらばその開発っぷりのすごいこと。


Photo

今回泊まっていたのはコタイのホテルオークラ。
客室のテラスから、湾を挟んですぐ目と鼻の先に横琴島と珠海が見えました。
そこにパスポートを持って移動するのは、ちょっと不思議な感じ。


Photo_2 Photo_3

マカオからは、蓮花大橋を渡って、中国側へと入ります。
移動は専用のバス(3元)。
移動中の車窓からは、左手に中国、右手にマカオのコタイ地区が見えます。



Photo_4 Photo_5

イミグレは、拱北(マカオ最北にある)から入るときに比べると、かなり空いてます。
このときはまったく並びませんでした。
ショッピングセンターがあり賑やかな拱北と比べて、イミグレを出て中国に入った風景ものどか。



Photo_6

一面にバナナ畑が広がり、牡蠣の養殖が盛んだった横琴島も、今はすさまじい勢いで、どかんどかんと開発中。
ときどき、お金持ち風のスーツ姿のおじさんたちを乗せた車がぶおーっと土埃をあげてあぜ道を走っていきます。上海とか香港から来た視察の人たちでしょうか。



Photo_7

ごくわずかに残る牡蠣養殖場の背景に延びるのは、建築中の高層ビル。


のどかな田舎だった横琴島も、今は「開発新区」(経済特区より上ランクだそうです)
やっぱり、中国の国家プロジェクトは、大胆です。
コロアン島からぼーっと対岸を眺めていた頃が懐かしい。

« 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ | トップページ | マカオから中国へと越境その2~関閘→拱北 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/44790730

この記事へのトラックバック一覧です: マカオから中国へと越境~蓮花大橋→横琴島:

« 長崎のアズレージョ、マカオのアズレージョ | トップページ | マカオから中国へと越境その2~関閘→拱北 »