フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« おうちで食べるマカオの味~続・オイスターソース | トップページ | マカオのジュエリーショップ doratam design »

2012年7月 4日 (水)

おうちで食べるマカオの味~続続・オイスターソース

マカオに行くたびに買いだめして、我が家に常備している「榮甡蠔油庄」のオイスターソース。
炒め物だけでなく、ほかの料理にも活躍しています。
オイスターソースというと、強火で炒める男っぽい広東料理のイメージが強いかもしれませんが、海鮮の風味を生かして炊き込みご飯にすると、優しいお味が楽しめます。

●オイスターソース風味の炊き込みご飯

Dsc_0741


ご飯2合、お水、オイスターソース大さじ2、ごま油大さじ1、酒小さじ1、醤油小さじ1を土鍋に入れる(私はいつも目分量ですが)。

軽く炒めた豚肉、カシューナッツ、マッシュルームなどキノコ類を加える。オイスターソースだけに、冬には牡蠣を入れてもおいしいかも。

最初は強火、沸騰したら弱~中火で炊いて、おいしそうな香りがしてしばらくしたらできあがり。

うーん!この香りがマカオ!
もちろん、炊飯器でも作ることができます。
私は玄米(最近は発酵玄米がブーム)を使って炊き上げますが、ごま油の効果なのか、もっちりとした、中華おこわのような仕上がりになります。

孫文大先生も好きだったという「榮甡蠔油庄」のオイスターソースは、これぞまさに、今も昔も愛されるマカオの味。
瓶入りなので重いけど、お土産に買っちゃいます。

« おうちで食べるマカオの味~続・オイスターソース | トップページ | マカオのジュエリーショップ doratam design »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/46161148

この記事へのトラックバック一覧です: おうちで食べるマカオの味~続続・オイスターソース:

« おうちで食べるマカオの味~続・オイスターソース | トップページ | マカオのジュエリーショップ doratam design »