フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 香港の中の澳門 | トップページ | この季節のマカオ土産といえば・・・ »

2012年9月 3日 (月)

摩訶不思議マカオ

香港からマカオへとやってきました。
今回、プライベートな時間はほとんどありませんが、マカオは歩いているだけでも、心が満たされます。
なんど訪れても、なんど歩いても、飽きることがない、懐の深い街、マカオ。


居心地の良さは、食事のおいしさだったり、ワインが安くておいしいことだったり、人の優しさだったり、ほどよい街の小ささだったり、治安の良さだったりと、たくさんの理由があります。
でも、なによりも心地いいのは、古今東西がごちゃまぜになって生まれる空気。






Prt_3China_2

セナド広場近くの路地裏へ迷いこむと・・・
ポルトガル語が聞こえるカフェ(左)、その向いに、広東語で盛り上がる小さな食堂(右)が。

マカオがどんなに開発されても、コタイ地区に大きなホテルができても、こんなシーンこそ、本当のマカオ、だと思うのです。




« 香港の中の澳門 | トップページ | この季節のマカオ土産といえば・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/46928464

この記事へのトラックバック一覧です: 摩訶不思議マカオ:

« 香港の中の澳門 | トップページ | この季節のマカオ土産といえば・・・ »