フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月18日 (月)

「咀香園餅家」の杏仁クッキー

かつて、私はこのマカオ定番土産が苦手でした。
杏仁餅(アーモンドクッキー)。
食べた後は喉が渇くし、ぱさぱさしてるし、「料理がおいしいマカオで、なんでこんなものを名物にすんだっ!」と心の中で思っていました。

でも、この数年で格段とおいしくなっていると思います。確実に。
個人的に、
1)中国大陸のワイン「長城」
2)沖縄の「ちんすこう」
3)マカオの「杏仁クッキー」
はこの十数年で飛躍的においしくなった特産品、、、と思います。


先日、マカオから来日した朋友からお土産でもらったのが、老舗「咀香円餅家」の杏仁餅。
マッチ箱を模倣したレトロな箱に、パンダのイラストがとってもかわいい♪
「咀香円餅家」はマカオのいろんなところにありますが、このパッケージは一部店舗のみの取り扱いとのこと。
これはお土産に喜ばれそうです。

Photo_2

2013年3月16日 (土)

「榮甡蠔油庄」入手♪

小春日和の東京に、マカオから大切なお友達が来日しました。
まだマカオが中国に返還される前の97年に、路上で道を尋ねたことから知り合った(!)ポリスマンの彼女(今は奥様)と、その妹ちゃん。
ひょんなことか知り合いましたが、いまでは私がマカオに行くたびに、がっつりお世話になっている澳門の家族です。
彼女の家族も、中国に暮らす彼の家族も、私は大好き。


家族なので、遠慮はしません(笑。
「日本に来るなら買ってきて!」とリクエストしたのが、「榮甡蠔油庄」のオイスターソース。
瓶だから重かっただろうな~。

Photo


このブログで何度も紹介していますが、これは我が家のキッチンではマストアイテム。
濃厚で、海鮮の風味が深くて、旨いんです。
オイスターソースは日本の日本のスーパーマーケットでも簡単に手に入るけど、全然違う。
JAL機内誌『スカイワード』でも、『マカオにオイスターソースのルーツを訪ねて」というタイトルで記事にしたこともあります。
ほんとにおいしい!好味!!
かつてマカオに行くたびに微発砲のポルトガルワイン白「カーサガルシア」を買いまくったものですが、今はこればっかり。
個人的に澳門いちおしのお土産です。

2013年3月 6日 (水)

今日は世界一周の日。

今日は「世界一周の日」だそうです。1967年3月6日、日本航空の世界一周西回り路線が就航を開始したのだとか。


私はまだ世界一周の経験がありませんが、「世界一周航空券」を使ったことが1度あります。
取材テーマは、ビジネスクラスを使った世界一周。

当時のスケジュール。
12月1日に成田出発→香港→マカオ寄り道→タイ→カンボジア寄り道→ドバイ→イスタンブール→エジプトではピラミッドでクフ王の悪口を言った直後に高熱を出し(たたりじゃ)→パリを素通りして仏のモンサンミッシェル→カナダのイエローナイフではマイナス50度の湖上で居眠りしてオーロラを見逃し→L.A.でロストバゲージ→真冬の恰好で真夏のニューカレドニアに降り立ち→イルデパン島でクリスマス名物のカタツムリ(特大)を食べ→ニュージーランドでパソコン壊れ、携帯充電なくし→12月28日に成田到着、、、、、という慌ただしいものでした。


旅が始まる前は、いろいろと準備したものですが、途中でロストバゲージして、通信手段もなくしたとたんに、妙に気持ちが楽ちんになった記憶が。

そして、世界を巡るという流れの中でマカオを訪れるのは初めてのこと。
たった1日の滞在がいとおしく(笑)、クリスマスに彩られる街の景色は今でもよく覚えています。

Photo_2Rimg5072


Photo_5Photo_6














« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »