フォト

著書

  •  
    「マカオ ノスタルジック紀行」
    (双葉社)

     紀伊国屋
     Amazon

« おうちで食べるマカオの味~バカリャウ・ア・ブラス | トップページ | おうちで楽しむマカオごはん~赤酢 »

2013年4月24日 (水)

東京湾サウダーデ~マカオ、ポルトガル、ワイン、ファドの宴

 先日、マカオ、ポルトガル、ワイン、ファド(ポルトガル民謡)をキーワードにしたパーティーを、東京湾岸の会場で開きました。マカオの達人「マカオナビ」のhiroさん、ファドシンガーのMACHAKOさん、ポルトガルの日本の窓口として活躍されている方、私がポルトガルの取材を通して知り合ったフォトグラファーの方やワインジャーナリストの方々、ほかに、MACHAKOさんのファンの方々がお越しくださいました。

 ワインは、ポルトガルワインづくし。ポルトガルワインを多く輸入する会社に勤務する友人が、ビーニョベルデから白、赤、マデイラまでチョイスしてくれました。
 そして、この日の目玉のひとつが、ポルトガルの達人に差し入れいただいた「ナタ・デ・クレスチアノ」のエッグタルト。「ナタ・デ・クレスチアノ」は渋谷区のポルトガル料理店「クレスチアノ」に併設するエッグタルト店です。

 「クレスチアノ」は私も大好きなポルトガル料理店なので気になっていましたが、エッグタルトを口にするのは初めて。
 食べてみると……ほほう、ポルトガルの首都、リスボンにある「パスティス・デ・ベレン」を彷彿とさせる、サクサク生地とトロリ~ンなクリーム。

Photo



 「パスティス・デ・ベレン」は、1837年創業。大航海時代、ジェロニモス修道院で作られていたエッグタルトのレシピを守り続ける老舗店。カフェも併設されていて、なかなかよい雰囲気。テーブルの上には粉砂糖とシナモンが用意されていて自由に使えます。私が行ったときも、隣のテーブルでおばあちゃんが粉砂糖をモリモリかけてぺろっと2個たいらげていました。ポルトガルでは老若男女に愛される国民的お菓子なのでしょう。

Photo_2Beren

(パスティス・デ・ベレン)


 マカオでも大人気のエッグタルトは、イギリス人のアンドリューさんが、ポルトガルのエッグタルトをアレンジして生まれたもの。コロアン島の「ロードストーズ」、半島部の「マーガレット・カフェ・エ・ナタ」が有名です。
 私は、「マーガレット」は朝(サンドイッチがおいしいので朝食に)、「ロードストーズ」は夕方(対岸の横琴島を眺めながらぼーっとエッグタルトを食べる)に行く、、というのが好き。
 旅の最終日にお土産で買うこともあるけど、だいたい機内で食べちゃいます。

Photo_5Rimg5037_3
(ロードストーズ)



MagaMaga2
(マーガレット・カフェ・エ・ナタ)

« おうちで食べるマカオの味~バカリャウ・ア・ブラス | トップページ | おうちで楽しむマカオごはん~赤酢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/233740/51358792

この記事へのトラックバック一覧です: 東京湾サウダーデ~マカオ、ポルトガル、ワイン、ファドの宴:

« おうちで食べるマカオの味~バカリャウ・ア・ブラス | トップページ | おうちで楽しむマカオごはん~赤酢 »